自己演出の色彩術未分類流行色関連たべもの関連インテリア関連自分に似合う色を知る色から伝わるもの色で感情をコントロール色から伝わる感覚赤の世界黄色の世界緑の世界青の世界紫の世界白の世界黒の世界茶色の世界色で性格判断
「流行色にふりまわされたくない」「似合う色を見つけたい」 「料理を美味しく見せたい」「インテリアの色は何にしたらいいか」「売れる色はどんな色か」 など、色についてのエピソードを紹介します。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.31 Wed
紫は孤高と気品を象徴しています。

豊かな感性で、直感力に秀でています。

しかしその反面、ナルシストの要素も持ちあわせています。

孤高で唯一無二の存在であり、

じぶん大好き人間の傾向があります。

人前に出たり、注目されることで

抜群の能力を発揮するタイプといえるでしょう。
スポンサーサイト
テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用
色で性格判断    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.31 Wed
青は冷静と誠実さを象徴しています。

ものごとをきちんと分析し、

手順どおりに実行にうつします。

そして規則正しく、かつ冷静沈着なあなたは、

信頼感と安定感のある行動で、

まわりの支持をあつめるでしょう。
テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用
色で性格判断    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.31 Wed
緑は調和の象徴です。

危険やあらそいを避け、

周囲を気づかうやさしい心の持ち主です。

話すことよりも、聞き役にまわることが多いでしょう。

ものごとを公平な立場で考えられるひとは、

情報が氾濫している現代社会には特にひつようです。
テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用
色で性格判断    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.31 Wed
黄色は解放感ある明るさと、

活動的であることを象徴しています。

そのつよい個性と存在感にまわりは、

決してあなたを無視できません。

周囲をまきこむようなその天真爛漫な明るさは、

ムードメーカーとして、必ずひとりは欲しい存在です。

ただし、

ムードメーカーは時としてトラブルメーカーにも

なりかねないので注意がひつようです。
テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用
色で性格判断    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.31 Wed
茶色は安定と慎重さ象徴しています。

地味で保守的なかんがえをもち、

シャイで、自分からは前に出たがらない傾向があります。

その反面、着実にものごとを遂行する側面をもっています。

そして、その地味ながらも堅実で正確な行動は、

チームの縁の下のチカラ持ちとして

支えてくれる活躍を期待できるでしょう。
テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用
色で性格判断    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.30 Tue
ピンクが好きなひと

ピンクは女性的なやさしさと若さを象徴しています。

そして、心が満ちたりていて、
まわりに気配りができる余裕をもっているひとです。

また、協調性があり、やさしい気持ちにさせてくれます。



ちなみにピンク色の服は肌が若いときしか似合わないといわれています。

30歳をすぎてもピンク色を主張しすぎる服を着るひとは、
相当なピンク好きです。
テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用
色で性格判断    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.30 Tue
赤が好きなひと

赤はつよい生命力の象徴です。

赤は情熱にあふれ、決断力と行動力にすぐれた性格です。

リーダーシップを発揮し、目標に向けてまわりの人をグイグイと
引張っていきます。

5人ならんで、真ん中に立っている人はたいていの場合、
赤が好きです。
テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用
色で性格判断    Comment(0)  TrackBack(1)   Top↑
2007.01.30 Tue
赤は人を元気させる色です。

インテリアに赤をつかうと、お部屋が活気づいた感じになります。

しかし赤は、もともとインパクトの強い色であるため
壁紙などおおきな面積で使用するときは注意がひつようです。

おすすめとしては空間のアクセントとして使うことです。

具体的にいうと、壁や天井に用いるよりも、
ソファーのカバーやカーテン、小物などに赤を用いることです。

カバーやカーテン、小物に用いることは季節感が演出できるだけでなく、
飽きたら変えることができるのがメリットです。


また赤などの暖色系は、見た目よりも暖かく感じさせる色です。

その中で最も暖かく感じる色は赤橙で、これは炎の色を連想させます。

冬の季節、インテリアを赤などの暖色系でまとめることで、
部屋があたたかく感じられて、暖房費の節約効果があります。
2007.01.23 Tue
緑は草木の色であり、生命や、平和、安らぎを象徴する色である。
植物の葉が緑色なのは、そこに含まれるクロロフィルという
色素が緑色をしているからである。
そのためクロロフィルを葉緑素とも呼ぶ。
ちなみに、秋に紅葉がみられるのはクロロフィルが破壊されるからである。

また、緑は私達の健康と深く関わっている。
植物を観ると心が安らぐように、緑を観ることで安らぎ、リラックスできる。
たとえば、パソコンモニターの横に小さくても観葉植物を置くことで、
リラックス効果があり、目の疲れが軽減するでしょう。

最近では、リラックス効果を期待して
オフィスや会議室でもパーティションや壁紙に
緑系統の色を使うところが増えているようである。

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ
緑の世界    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.23 Tue
最近のマンションブームはすごい。
地価上昇を見越して売りしぶりが行われているため
マンションの販売戸数はわずかに減少したものの、
このブームはとどまるところを知らない。


そして、最近のマンションは特にキッチンがすごい。
食器洗浄器やIHクッキングヒーターなどの設備もすごいのだが、
キッチン自体が非常におしゃれなのである。
なぜオシャレなのかというと、
その部屋の雰囲気に非常にマッチしているからである。
今までのキッチンはどちらかというと
クローズな空間であったために見た目にこだわってこなかった。
しかしオープンな対面式キッチンが主流になった今、
キッチンは「隠す」場所から「見せる」場所に変わった。
そのため、おしゃれに見せる必要性がでてきたのである。


ではキッチンをおしゃれに見せるために何から始めたらよいだろか。

まずは整理整頓をしっかりと行うこと。
これで常に出しておく物、しまっておく物の見当を付ける。

また、キッチンは料理をする所なので、機能・動きやすさを損なってはならない。

そして、キッチンの中で面積の大きいところの色を思い切って変えてみる。

例えば、吊り戸棚やシンク下部の収納は表面積が大きいので、
色を変えるだけでキッチンの印象が一変する。
扉がオーク材やパイン材などしっかりしたもので
インテリアとしても見栄えのするものならそのままの方が良いだろう。
しかし、そうでなく安っぽい扉だとしたら、
思い切って色を変えてみるのも有りかもしれない。
ペンキなど塗料を使用する方法もあるが、塗るのは面倒である。
そこで私は「カッティングシート」を勧める。
カッティングシートは色の種類が豊富なだけでなく、
木目調や石目調までそろっている。

なによりも飽きたら剥がせるのが魅力である。

お部屋のインテリアに溶け込ませるのもよし、
アクセントとして用いるのもよし、
自由に模様替えが可能である。


 
【47%オフ・送料無料(5m以上)】 カッティングシート(粘着シート材) ベルビアン 【PR・暖色系...

【貼って剥がせる】 キャビネットシート 木目柄


 
2007.01.22 Mon
は、JIS(日本工業規格)の安全色彩の中で、「防火」「禁止」「停止」「高度な危険」がある。
切迫した危険・危害をあらわす色として「危険をあらわす黄赤」では弱いとかんがえられたため「」が用いられている。
なお「高度な危険」の表示は主に火薬類、また接触によって人体に危険な物質の使用個所などに使われる。

また、安全色彩黄赤は「危険」を表している。 
これは手を触れれば感電するスイッチボックスの中などの、間違いなく災害を引き起こすような場所や、高電圧施設などの危険表示、警標に用いられる。
黄赤は「危険」の他に、「航海、航空の保安施設」の意味がある。
救命いかだ、救命ブイなどの色に使われている。
これは、空から海上のブイを見たときに「注意を表す黄色」では波の白と区別しづらく、
黄赤のほうが視認性及び誘目性が優れているために黄赤が用いられるようになった。
2007.01.22 Mon
は日本において昔から深い関わりがある色である。

日本書紀のなかでは、色名として、「、青、白、黒」の4色のみが記述されている。

は魔よけの色として、神社の仏閣、鳥居に使用されている。
鳥居の形式には明神鳥居と神明鳥居の2種類に大別される。
特に、伏見稲荷大社の千本鳥居(1万基の鳥居がある)のい空間は身がすくむ思いである。
神社仏閣をはじめとする日本建築は一見地味だと思われるかもしれないが、それは色が褪せていたりするだけで、実際には多くの色、装飾がほどこされている。

ちなみに、青は害虫から身を守るための色で、藍染として用いられ、白は神を表し、黒は天上界を表した。


また、は日本の国旗において、太陽を表している。
しかしながら世界的にみると太陽をで表すことは珍しく、黄色、金色で表すほうが多いようである。
2007.01.22 Mon
は非常に目立つ色であり、同時に記憶に残りやすい色である。

そのため、演説の際はいネクタイを好んで締める人が多い。
これは口元に視線を誘導させて、演説をしっかりと聞いてもらえるようにするためである。
お話だけ聴いても印象には残らない、顔とセットで初めて強い印象を与えられる。

女性の口紅も同様で、やはり口元に視線が集まるように考えられている。
唇はもともと系(暖色系)の色をしている。そこに、や、ピンクの色を重ねることで、
より強調され、魅力的になる。
2007.01.20 Sat
赤は人間にとって最も身近な色である。
赤色に代表される太陽、火、血はどれも人間の営みの根源である。
赤という色は強い感情を表す色として用いられる。
例えば、「怒り、愛、情熱」などである。
これらは私達が生きるうえでの原動力となるものである。
つまり赤は「本能を刺激する色」だと考えられる。
2007.01.19 Fri
ベッドルームでは心身の疲れを癒したりするリラックス効果が必要とされます。
具体的な色としては空や海の色である青が有効でしょう。
青には気持ちを静めて落ち着きをうながす効果があります。
医学的には血圧を下げ脈拍を少なくする効果があるとされています。
不眠症治療においては、青い光の部屋で患者を休ませたり、高血圧の患者に青いパジャマを着せたりします。
犯罪抑止力として青が用いられることもあります。
これは街灯やイルミネーションを青い光にして、一時の興奮を抑えることで軽犯罪の減少に効果があるようです。日本でもこような取り組みがあるようです。
リラックス効果がある色として他にも緑があげられます。
緑は草原や木々の色であり、見るものを癒してくれます。
緑を見ることで目が休まり、脳が休まるでしょう。目から来る疲労は肩こりなどにつながります。
緑を壁紙に使うより、カーテンや布団カバー、そして部屋の隅に観葉植物など小物として取り入れる方が実用的でしょう。
2007.01.19 Fri
勉強部屋は決して子供部屋という意味ではありません。
勉強したり、仕事したり、資料を読んだりと集中して作業する場所として捉えています。
集中力を高めるにはどんな色を用いればよいでしょうか。
派手な原色に囲まれるよりは、彩度を下げて落ち着いた色に色に囲まれた方が集中力は維持できそうです。
心理的な例として、青のような寒色系の色に囲まれた空間では、2時間が1時間しか経ってないように感じるようです。また赤は、これとは反対に1時間が2時間も経ったように感じるようです。
ずっと集中しっぱなしは疲れてしまいますから、観葉植物ように緑色のものを置くことでリラックス効果が期待できます。
もし部屋の色が寒色系や暖色系に大きく偏っていたら、観葉植物を配置しましょう。
中庸の緑を置くことで部屋の色が引き締まります。
2007.01.19 Fri
ダイニングルーム食卓を囲む空間です。
そこで、食事がすすむように演出するための色として、青のような寒色系の色は避けて、赤のような暖色系の色を用いる方が良いでしょう。
青を避ける理由は、青は食べ物の色ではないからです。それに比べて赤はトマトやニンジン、お肉、赤身の魚など数が豊富です。
暖色系の色を用いることでこれらの色みが増して、よりいっそう美味しく見えることでしょう。
レストランなど飲食店では料理を美味しく召し上がって頂くために、インテリアを工夫しています。
全体的にアースカラーのような落ち着いた色で構成し、照明は蛍光灯の青白い光ではなく、白熱の赤み(黄み)の光を用いています。
テーブルもわざわざ青に塗るようなことはしません。木製の素材本来の色でいいはずです。
真っ青な食器もあまりないでしょう。
料理に青い光が反射してしまい、食欲が減退してしまいます。
ちなみに、重箱やコンビニの弁当の内側は主に赤色です。もしこれが青色だったら売り上げは落ちてしまうでしょう。
2007.01.19 Fri
まず自分の肌の色を知ることです。
日本人(黄色人種)の肌は、大きく分けると「黄みの肌」と「赤み(ピンク)の肌」の2種類に分けられます。
もっと分かりやすく言うと、日焼けした時に黒くなる方が「黄みの肌」で、赤くなる方が
「赤み(ピンク)の肌」です。
つまりこの色に合うような色を選べば良い分けです。
しかし、肌の色の補色や類似色を使えば良いかというと、そういうことでもありません。
また、小さいサンプルだと地味に見えますが、壁など大きい面積だと想像以上に明るく、派手に見えてしまいます。
ことわざで、「色の白さは七難を隠す」という言葉があります。
これは、色が白いことは美人であるための大きな条件であり、多少の欠点は白でなんとかなる。ということです。
純白のウェディングドレスを着た女性は美しいですし、女性美容化粧品も美白効果をうたった商品が大変多く売れています。
壁の色も同様に、白を基準に選ぶことをおすすめします。
具体的には、「ベージュ・アイボリー・クリーム色・ミルキーホワイト・オフホワイト」などがおすすめです。
そしてアクセントとして、照明や観葉植物、カーテン、クッション、テーブルクロスなど で季節感を演出することが効果的です。
2007.01.19 Fri
突然ですが、住空間での主役は何でしょう。
ソファーやテーブル、アンティークの家具でしょうか。
最新のオーディオ(AV)機器でしょうか。
アートやコレクターグッツでしょうか。
それとも建物でしょうか。
私はそのようには思いません。
住空間においては、そこで暮らす人々が主役であると考えています。
だからそれ以外のものは主役を引き立てるような役割を担わなければなりません。
では、引き立てるとは具体的にどういう事かというと、主役を美しく見せることです。
まず住空間において面積の大きい所から考えます。 
床や天井の面積も大きいですが、人と重なるところを考えると壁が重要になります。
つまり、その壁の色をきちんと選択することで、美しく見えるようになるのです。
2007.01.19 Fri
色によって味の感じ方に違いがあります。
たとえばイチゴやトマトは赤ですが部分的に緑がかっている所があるとします。
赤の部分は熟していて甘そうですが、緑の部分は実が熟していないので苦い印象を受けます。
私達は野菜を買うとき、その商品をまだ食べてないにもかかわらずに味を色で判断して購入しています。
私達は経験から赤は甘い、緑は苦いと無意識に判断しているところがあります。
ケーキやクッキーのような甘いものもお皿をかえるだけで、より甘く感じられるでしょう。

実は、これは食べ物に限った話ではありません。
部屋の雰囲気も照明やインテリアに赤のような色を取り入れることで甘い雰囲気を作り出せます。
テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ
たべもの関連    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.19 Fri
昔、蛍光灯が実用化された初期の頃は、蛍光灯の下で見た肉が腐ったような色に見えてしまったようです。
またクラブのようなブラックライトを使用するお店では、主にドリンクだけです。
たとえ料理があったとしてもブラックライトのような青い光の下では食べる気にはならないでしょう。
青は空や海を代表する色ですが、食べ物で表すとほとんど浮かび上がってきません。
魚は青いと思う方もいるかもしれませんが、魚の鱗は光によって様々な色を見せます。
また身はホッケやタラは白身ですし、マグロやカツオは赤身が中心です。
食べ物はしばらく放置しておくといつの間にか腐ってカビが生えてたりします。
その色が青みがかっているために、青く見える食べ物は腐っていると認識してしまうのです。
テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ
たべもの関連    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2007.01.19 Fri
美味しく見せるには、素材の色みを増したり、強調させたりすることが重要です。
例えばイチゴやトマトの色は赤ければ赤いほど美味しそうに見えます。
一時期、食品に合成着色料を用いることで色みを加えて、いかにも美味しそうに見せようとしていた事もありました。
合成着色料を使う必要は一切ありません。
器や照明などの工夫で十分美味しく見せることができます。
重箱やコンビニの弁当箱の色に注目してください。
内側が赤であることに気が付くと思います。
赤には料理を美味しく見せる力があります。
野菜もお肉もお魚もエビフライも基本的に赤系の暖色系の色を持っています。
だからこそ器も赤にする必要があるのです。
ピクニックやバーベキューなど野外での食事は美味しいものです。
同じことを室内でやっても美味しくはないでしょう。
その要因の一つに照明があります。
つまり太陽光(昼光)の下で食べるのと、蛍光灯の下で食べるのでは美味しさの感じ方が異なるということです。
蛍光灯は昼光に比べるとやや青みがかった光のため、魅力が半減してしまいます。
今の蛍光灯は、電球色、温白色、白色、昼白色、昼光色の種類があるので用途に応じて使い分けるといいでしょう。
食事を楽しむ場所なら蛍光灯の電球色が良いかもしれません。
文字通り電球のような赤みのある暖かい色の光ですから料理との相性が良いでしょう。
暖かみのある光は料理だけでなく、お肌も美しくにみせる効果があるので試してみてください。

2007.01.19 Fri
「膨張」して見える色は、明度の高い色。
「収縮」して見える色は、明度の低い色。
簡単にいうと、白に近いほど膨らんで見え、黒に近いほど縮んで見える。
洋服えらびに関していえば、スマートに見せたい場合は白のような膨張色を避けて、黒に近い色をベースにコーディネートするとシャープでスマートな印象になる。
同じデザインの服でも白と黒では、見た目の広がり具合が大きくことなる。
2007.01.19 Fri
「進出」しているように感じる色は赤・オレンジ・黄色。
「後退」しているように感じる色は青・青紫。
どちらでもない色は緑・紫。
これは、「あたたかいと感じる色」と「冷たいと感じる色」とほぼ一致する。
もっとも進出が強い色は黄色で、青紫が一番後退しているように見える。

2007.01.19 Fri
「地味」と感じることは、目立たない色。これは低彩度で無彩色になるほど地味になる。
「派手」と感じることは、目立つ色。これは有彩色かつ高彩度の色であることが重要。
特に赤・オレンジ・黄色は良く目立つので企業の看板や広告に用いられることが多い。

2007.01.19 Fri
「かるい」と感じる色は明度の高い色。
「おもい」と感じる色は明度の低い色。
引越し業者や運搬業者は茶色のダンボール箱ではなく、白やうす緑色の箱を使っている。
明度の高い色の箱を使うことで運ぶ人の疲労を軽減させている。
建築においても白い建物は軽く、開放感のある印象を与えるが、
黒い建物は重く、威圧感を与える。
特に、屋根・天井を明度の低い色にすると重い印象になる。

2007.01.19 Fri
「かたい」と感じる色は明度の低い色。
「やわらかい」と感じる色は明度の高い色。
ベビー用品に多く用いられるパステル調の色は明度が高くやわらかい印象を与える。
2007.01.19 Fri
「あったかい」と感じる色は赤や橙色、黄色の暖色系の色。
「つめたい」と感じる色は青、青紫の寒色系の色。
インテリアは暖色系でまとめると、実際の部屋の温度よりも暖かく感じるので、省エネ効果がある。
2007.01.19 Fri
闘牛士の赤いマントは牛を興奮させるための道具ではありません。
牛には色を知覚することができません。動いているものに反応するだけ。
では、だれを興奮させるのか。
それは観客である人間です。
人はマントの派手な赤い色に興奮し、テンションが上がる。
牛は揺れるマントに反応し、歓声や音にあおられて興奮する。
誰だって、うるさくされたり、目の前にチラチラ動くものがあったりするとイライラするものである。
ここでの赤は人の強い感情を誘う舞台装置として用いられている。

2007.01.19 Fri
それは、言葉では表しにくい抽象的な概念を表すのに役立つ。
主に、「社会的、宗教的に共通の意識や規範」、「空間感覚や皮膚感覚などの心理的効果」を表すのに役立つ。
例をあげると  

社会的な側面では、赤は共産主義のシンボルカラーである。
これは、共産主義を標榜するソビエト社会主義共和国連邦の国旗が赤を基調としていたことに由来する。
そのため、中華人民共和国、ベトナム社会主義共和国の国旗も赤を基調としている。
つまり、共産主義から赤が連想され、また赤から共産主義が連想されてしまう。

宗教的な側面では、キリスト教において黄色は臆病、裏切りの意味がある。
これは、キリストをローマに売り渡したユダの着衣の色からきている。
そして半世紀前まで黄色は、ユダヤ人を意味する宗教上の差別色だった。
現在もキリスト教を信仰する人のなかには、黄色からこの出来事を連想してしまい嫌悪感を抱く人がいるかもしれない。

空間感覚は、白などの明るい色は膨張して見えたり、逆に黒などの暗い色は収縮して見える。
部屋を広く見せたい場合は壁・天井を明るい色にすると良い。

皮膚感覚は赤は暖かく感じ、青は冷たく感じる。
これは赤は火を連想し、無意識に熱い、暖かいと感じてしまう。
青は水を連想して、冷たい、涼しいと感じてしまう。
これをインテリアに使うと省エネ効果になる。


  
インテリア 食べ物 ファッション似合う色を知る
主役は何ですか
美しく見える壁の色の選び方
ダイニングルームの色
書斎・勉強部屋の色
ベッドルームの色
インテリアの赤

食べ物を美味しく見せる色
青い食べ物は腐ってるように見えてしまう
甘く感じさせる色
辛いと思わせる色

流行色とは何か
流行色はどうやって決められるのか
流行色に振り回されないためには

それって似合ってますか?
色を選ぶ前に
なぜ自分に似合う色を知る必要があるのか
どうやって自分に似合う色を知るか
自然な色合いは肌をきれいに見せる
「服の色」と「肌の色」との相性

無料メールマガジンも発行しています。
旬な話題、ニュース、CMなどをテーマに色でいじっています。 「増やせ色知識!」バックナンバーはこちら
色で分かるアナタの性格 自己演出に使える色彩術
赤が好きなひと
ピンクが好きなひと
茶色が好きなひと
黄色が好きなひと
緑が好きなひと
青が好きなひと
紫が好きなひと


明るく若々しく元気よく健康的なイメージ
仕事のできて賢く信頼のあるイメージ
      親近感と好感のもてる癒しのイメージ

Template by まるぼろらいと まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。